[<<目次へ]

電卓の基本仕様

Zimoでは、シャープ系の電卓、またはカシオ系の電卓として動作させる事が可能です。

四則計算キー [+] [-] [×] [÷]

四則計算(加減乗除算)を行う時にそれぞれ押します。押し間違えた場合は、それぞれ押しかえる事によって訂正が出来ます。

計算式 計算例 キー操作 表示 説明
a+b 10+20 10[+]20 30 aにbを加算します。
a-b 10-20 10[-]20 -10 aからbを減算します。
a×b 10×20 10[×]20 200 aにbを掛けます。
a÷b 10÷20 10[÷]20 0.5 aをbで割ります。

イコールキー [=]

計算式の合計を求めます

計算式 計算例 キー操作 表示 説明
a+b= 10+20= 10[+]20[=] 30 aにbを加算して計算式を閉じ、合計として表示します。

パーセントキー [%]

パーセント(百分率)の計算を行い、計算式の合計を求めます。

シャープ式の場合

計算式 計算例 キー操作 表示 説明
a+b% 200+10% 200[+]10[%] 220 aに、aのb%を加算します。
a-b% 200-10% 200[-]10[%] 180 aから、aのb%を減算します。
a×b% 200×10% 200[×]10[%] 20 aのb%を求めます。
a÷b% 10÷200% 10[÷]200[%] 5 aはbの何%かを求めます。

カシオ式の場合

計算式 計算例 キー操作 表示 説明
a+b% 198+34% 198 [+]34 [%] 300

マークアップ(売価計算)方式です。

aは定価よりb%引きの価格であった時の「定価」を求めます。

←売価198円、値引率34%の定価は300円です。

a-b% 198-300% 198[-]300[%] -34

マークアップ(売価計算)方式です。

aは定価bの何%引きの価格かを求めます。

←売値198円は定価300円の34%引きです。

a×b% 200×10% 200[×]10[%] 20 aのb%を求めます。
←200の10%は20です。
a÷b% 10÷200% 10[÷]200[%] 5 aはbの何%かを求めます。
←10は200の5%です。

自乗、べき乗

例:2^3=8 を求める場合。

シャープ式の場合

計算式 計算例 キー操作 表示 定数 説明
a^b 2^3       a^bを計算するためには以下の操作が必要です。
  2×2 2[×][=] 4 X2 aの2乗が計算され、aが定数としてセットされます。
  4(×)(2) [=] 8 X2 aの3乗が計算されます。
以降、連続して[=]を押すと、+n乗を求める事ができます。

カシオ式の場合

計算式 計算例 キー操作 表示 定数 説明
a^b 2^3       a^bを計算するためには以下の操作が必要です。
    2[×][×] 2 X2 aを定数としてセットします。
  2×2 [=] 4 X2 aの2乗が計算されます。
  4(×)(2) [=] 8 X2 aの3乗が計算されます。
以降、連続して[=]を押すと、+n乗を求める事ができます。

逆数計算

例:5の逆数 =1/5= 0.2 を求める場合。

シャープ式の場合

計算式 計算例 キー操作 表示 定数 説明
aの逆数 5の逆数 5[÷][=] 0.2 ÷5 aの逆数(1÷a)を計算し、aが定数としてセットされます。
←1÷5が計算され、”0.2”が表示されます。

カシオ式の場合

計算式 計算例 キー操作 表示 定数 説明
aの逆数 5の逆数 5[÷][÷] 5 ÷5 aを定数としてセットします。(パネルにKが表示されます)
    [=] 1 ÷5 a÷定数5を計算し、"1"が表示されます。
    [=] 0.2 ÷5 1÷定数5を計算し、”0.2”が表示されます。

定数のセット

シャープ式の場合

四則演算子がセットされた状態で、[=] または [%] キーを入力すると定数がセットされます。
ただし、[+][%]、[-][%]の入力時には入力が無視されます。

置数a[四則演算子]置数b[=]

計算式 計算例 キー操作 表示 定数 説明
a+b= 10+20= 10[+]20[=] 30 +20 bが定数化されます。
a-b= 10-20= 10[-]20[=] -10 -20 bが定数化されます。
a×b= 10×20= 10[×]20[=] 200 ×10 aが定数化されます。
a÷b= 10÷20= 10[÷]20[=] 0.5 ÷20 bが定数化されます。

置数a[四則演算子]置数b[%]

計算式 計算例 キー操作 表示 定数 説明
a+b% 10+20% 10[+]20[%] 12 +10 aが定数化されます。
a-b% 10-20% 10[-]20[%] 8 -10 aが定数化されます。
a×b% 10×20% 10[×]20[%] 2 ×10 aが定数化されます。
a÷b% 10÷20% 10[÷]20[%] 50 ÷20 bが定数化されます。

置数a[四則演算子][=]

計算式 計算例 キー操作 表示 定数 説明
a+= 10+= 10[+][=] 10 +10 aが定数化されます。
a-= 10-= 10[-][=] -10 -10 aが定数化されます。
a×= 10×= 10[×][=] 100 ×10 aが定数化されます。
a÷= 10÷= 10[÷][=] 0.1 ÷20 aが定数化されます。

置数a[四則演算子][%]

計算式 計算例 キー操作 表示 定数 説明
a+% 10+% 10[+][%] 無視 無視 入力は無視されます。
a-% 10-% 10[-][%] 無視 無視 入力は無視されます。
a×% 10×% 10[×][%] 1 ×10 aが定数化されます。
a÷% 10÷% 10[÷][%] 10 ÷10 aが定数化されます。

カシオ式の場合

四則演算子のいずれかを続けて二回入力する事により、定数がセットされます。
パネルには定数計算モードを示す”K”が表示されます。
※定数計算モードの後、再度四則演算キーを入力、または[AC]キー、[CA]キーを入力した場合、定数計算モードは解除されます。

キー操作 表示 定数 説明
10[+][+] 10 +10 置数10 が定数化されます。
10[-][-] -10 -10 置数10 が定数化されます。
10[×][×] 10 ×10 置数10 が定数化されます。
10[÷][÷] 10 ÷10 置数10 が定数化されます。

定数計算

シャープ式の場合

定数がセットされている状態で、置数A[=]、置数A[%]、置数A[四則演算子][=]、置数A[四則演算子][%] のいずれかを行うと、定数計算が実行されます。
定数がセットされている状態で[=]キーか[%]キーのみを押すと、表示中の値が置数Aとして使用されます。

置数a[=]

定数 計算例 キー操作 表示 定数 説明
+20 10(+)(20)= 10[=] 30 変化無 置数10に定数20 を加算しています。
-20 10(-)(20)= 10[=] -10 変化無

置数10から定数20を減算しています。

×20 (20)(×)10= 10[=] 200 変化無 定数20に置数10を乗算しています。
÷20 10(÷)(20)= 10[=] 0.5 変化無

置数10から定数20を除算しています。

置数a[%]

定数 計算例 キー操作 表示 定数 説明
+20 (20)(+)10% 10[%] 22 変化無 定数20に置数10% を加算しています。
-20 (20)(-)10% 10[%] 18 変化無 定数20から置数10%を減算しています。
×20 (20)(×)10% 10[%] 2 変化無 定数20に置数10%を乗算しています。
÷20 10(÷)(20)% 10[%] 0.5 変化無 置数10から定数20%を除算しています。

置数a[四則演算子][=]

定数 計算例 キー操作 表示 定数 説明
+20 10+(20)= 10[+][=] 30 +10 置数10に定数20 を加算し、定数を更新しています。
-20 10-(20)= 10[-][=] -10 -10

置数10から定数20を減算し、定数を更新しています。

×20 10×10= 10[×][=] 100 ×10 べき乗計算を行い、定数を更新します。
÷20 1÷10= 10[÷][=] 0.1 ÷10 逆数計算を行い、定数を更新します。

置数a[四則演算子][%]

定数 計算例 キー操作 表示 定数 説明
+20 10+(20)% 10[+][%] 無視 無視 入力は無視されます。
-20 10-(20)% 10[-][%] 無視 無視 入植は無視されます。
×20 10×10% 10[×][%] 1 ×10 べき乗%を計算し、定数を更新します。
÷20 1÷10% 10[÷][%] 10 ÷10 逆数%を計算し、定数を更新します。

カシオ式の場合

定数がセットされている状態で、置数A[=] か 置数A[%]を行うと、定数計算が実行されます。
定数がセットされている状態で[=]キーか[%]キーのみを押すと、表示中の値が置数Aとして使用されます。

定数 計算例 キー操作 表示 定数 説明
+20 10(+)(20)= 10[=] 30 変化無 置数10に定数20 を加算しています。
-20 10(-)(20)= 10[=] -10 変化無 置数10から定数20を減算しています。
×20 10(×)(20)= 10[=] 200 変化無 定数20に置数10を乗算しています。
÷20 10(÷)(20)= 10[=] 0.5 変化無 置数10から定数20を除算しています。

オーバーフローについて

以下の状態になった場合、エラーサイン "E"を表示して演算を中止します。
エラー表示の解除はクリアボタン[C]、クリアオールボタン[CA]を押してください。
3) 及び 5) の状態は、[CE]、又は[→]でも解除出来ます。

除数が0の除算を行った時

計算例 キー操作 表示
10÷0= 10[÷]0[=] "E      0"

負数の平方根を求めた時

計算例 キー操作 表示
√-10 10[+/-][√] "E      0"

整数部を電卓の有効桁(Digit)を超えて入力した時

表示

"E ~~~"

独立メモリー[M]、グランドトータルメモリー[GT] の値の整数部が、電卓の有効桁(Digit)を超えた時

表示 説明
"E      0"

独立メモリーのオーバーフロー時、パネルに"MF"が表示されます。

グランドトータルメモリーのオーバーフロー時、パネルに"GF"が表示されます。

計算結果の整数部が、電卓の有効桁(Digit)を超えた時

計算結果が電卓に表示できる範囲を超えた場合、表示できない下位の桁はカットされます。
エラー表示で付加される小数点の位置により、カットされた下位の桁数が分かります。

キー操作 表示 説明
12345678901234[×]10000 " E 1,234.5678901234" エラー表示に小数点が先頭から4ケタ目に付加されていますので、4桁がオーバーフローしているのがわかります。
計算結果 123,456,789,012,340,000←下線部がオーバーフロー