目次へ

電卓の基本仕様

Zimoでは、シャープ系の電卓”、または”カシオ系の電卓”として動作させる事が可能です。

(1) 四則計算キー [+] [−] [×] [÷]   

四則計算(加減乗除算)を行う時にそれぞれ押します。押し間違えた場合は、それぞれ押しかえる事によって訂正が出来ます。

[+] 加算です。 A [+] B の演算式です。
[−] 減算です。  A [−] B の演算式です。
[×] 乗算です。 A [×] B の演算式です。
[÷] 除算です。 A [÷] B の演算式です。

(2) イコールキー [=]   

計算式の合計を求めます

入力 表示
10[+]20[=]

30

(3) パーセントキー [%]   

置数を[%]としてとらえ、その計算式の合計を求めます。

1) シャープ式の場合

1. 加算例

置数A[+]置数B[%]  (「置数A」に「置数B%」を加算します。)

入力 表示
200[+]10[%]

220

(説明)200に10%を加算すると220です。

2. 減算例

置数A[-]置数B[%]  (「置数A」から「置数B%」を減算します。)

入力 表示
200[-]10[%]

180

(説明)200の10%引きは180です。

3. 乗算例

置数A[×]置数B[%] (「置数A」の「置数B%」を求めます。)

入力 表示
200[×]10[%]

20

(説明)200の10%は20です。

4. 除算例

置数A[÷]置数B[%]  (「置数A」は「置数B」の「何%か」を求めます。)

入力 表示
10[÷]200[%]

5

(説明) 10は200の5%です。

2) カシオ式の場合

1. 加算例 

マークアップ(売価計算)方式です。

置数A[+]置数B[%]  (「置数A」が、定価より「置数B%引き」の売価だった時の”定価”を求めます。 )

例: 売価198円 値引き34% 時の定価を求める場合

入力 表示
198 [+]34 [%]

300

(説明)売価198、値引き34%、の定価は300円です。

2. 減算例

マークアップ(売価計算)方式です。

置数A[-]置数B[%] (置数Aは置数Bの何割引きかを求めます。)

例:売値198円、定価300円の時、売値は定価の何割り引きか求める。

入力 表示
198[-]300[%]

-34

(説明)売値198円は定価300円の 34%オフです。

3. 乗算例

置数A[×]置数B[%] (「置数A」の「置数B%」を求めます。)

入力 表示
200[×]10[%]

20

(説明)200の10%は20です。

4. 除算例

置数A[÷]置数B[%]  (「置数A」は「置数B」の「何%か」を求めます。)

入力 表示
10[÷]200[%]

5

(説明) 10は200の5%です。

(4) 自乗、べき乗  

例:2^3=8 を求める場合。

1) シャープ式の場合

[X][=]を押すことにより、2乗が計算され、X2が定数としてセットされます。
以降、[=]を定数セット時の計算を含めて(n-1)回押すと、n乗が求められます。

入力 表示 定数
2[X][=] 4

X2

[=] 8

2) カシオ式の場合

[X]を二回押すことにより、置数が定数としてセットされます(パネルにKが表示されます)。
以降、[=]を(n-1)回押すと、n乗が求められます。

入力 表示 定数
2[X][X] 2 X2
[=] 4
[=] 8

[ページトップ↑]

(5) 逆数計算  

例:5の逆数 =1/5= 0.2 を求める場合。

1) シャープ式の場合

[÷][=]を入力する事により、逆数(1÷置数)が計算されます。

入力 表示 定数
5[÷][=] 0.2 ÷5

(説明) 1÷5が計算され、”0.2”が表示されます。

2) カシオ式の場合

[÷][÷]を入力する事により、÷5が定数としてセットされます。
その次に[=]を押すと定数÷定数で”1”がセットされ、続けて[=]を押すと逆数(1÷置数)を求める事が出来ます。

入力 表示 定数
5[÷][÷] 5 ÷5
[=] 1
[=] 0.2

(説明) 定数÷5をセットし、次の[=]で定数÷定数で”1”、さらに次の[=]で1÷5が計算され、”0.2”が表示されます。

[ページトップ↑]

(6) 定数計算  

1) シャープ式の場合

1. 定数のセット

10[+]20[=]
10[−]20[=]
10[×]20[=]
10[÷]20[=]

置数A [四則計算] 置数B [=]、又は
置数A [四則計算] 置数B [%]
の計算をした時に定数がセットされます。

[×]の場合は、置数A が定数化されます。
[+]、[−]、[÷]は 置数B が定数化されます。

2. 定数計算

定数がセットされた後、置数A [=] と入力すると、定数計算が実行されます。

(a) 加算定数例

入力 表示 定数
10[+]20[=] 30 +20
50[=] 70

(説明) 置数50に、定数[+]20 を演算し、70を返しています。

(b) 減算定数例

入力 表示 定数
10[-]20[=] 10 -20
50[=] 30

(説明) 置数50に、定数[-]20 を演算し、30を返しています。

(c) 乗算定数例

入力 表示 定数
10[×]20[=] 200 ×10
50[=] 500

(説明) 置数50に、定数[×]10 を演算し、500を返しています。

(d) 除算定数例

入力 表示 定数
10[÷]20[=] 0.5 ÷20
50[=] 2.5

(説明) 置数50に、定数[÷]20 を演算し、2.5を返しています。

[ページトップ↑]

2) カシオ式の場合

1. 定数のセット

置数20[+][+]
置数20[−][−]
置数10[×][×]
置数20[÷][÷]

[+][−][×][÷]のいずれかの演算子を続けて二回入力する事により、定数がセットされ、定数計算モードを示す”K”がパネルに表示されます。
※定数計算モードの後、再度[+][−][×][÷]の演算子を入力した場合、または[AC]キー,[CA]キーを入力した場合に定数計算モードは解除されます。

2. 定数計算

定数がセットされた後、置数A [=] と入力すると、定数計算が実行されます。

(a) 加算定数例

入力 表示 定数
20[+][+] 20 +20
50[=] 70

(説明) 置数50に、定数[+]20 を演算し、70を返しています。

(b) 減算定数例

入力 表示 定数
20[-][-] 20 -20
50[=] 30

(説明) 置数50に、定数[-]20 を演算し、30を返しています。

(c) 乗算定数例

入力 表示 定数
10[×][×] 10 ×10
50[=] 500

(説明) 置数50に、定数[×]10 を演算し、500を返しています。

(d) 除算定数例

入力 表示 定数
20[÷][÷] 20 ÷20
50[=] 2.5

(説明) 置数50に、定数[÷]20 を演算し、2.5を返しています。

[ページトップ↑]

(7) オーバーフローについて  

例:14桁電卓動作時

以下の状態になった場合、エラーサイン "E"を表示し、演算を中止します。[C]ボタン、[CA]でエラーを解除して下さい。
(B及びDの状態のエラーは、[CE]、又は[→]でも解除出来ます。)

1) 除数が0の除算を行った時。

入力 表示 パネルサイン
10[÷]0[=] "E      0"  

2) 負数の平方根を求めた時。

入力 表示 パネルサイン
10[+/-][√]  "E      0"  

3) 整数部を15桁以上入力した時。

入力 表示 パネルサイン
  "E 〜〜〜"  

4) [M]メモリー、[GT]メモリーの数値の整数部が14桁を超えた時。

入力 表示 パネルサイン
  "E      0" "MF" 、"GF"

5) 計算結果の整数部が14ケタを超えた時。

表示は、計算結果の上位14ケタのみを表示し、下位の桁はカットします。
表示されている値に小数点が表示され、その小数点の位置によって、カットされた下位の桁を知ることが出来ます。

例: 12,345,678,901,234 [×] 10,000
= 123,456,789,012,340,000
             ↑オーバーフロー

表示
" E 1,234.5678901234"

小数点の位置が左から4ケタ目ですので、
4ケタがオーバーフローしたと知る事が出来ます。

小数点の位置は15桁を意味しますので、15桁目、すなわち百兆を意味します。
E 1,234.5678901234 は 1,234百 56兆 7890億 1234万 を意味します。


目次へ