[<<目次へ]

クリアーキー

SAHRP式

CASIO式

(1) ボタンの説明

メモリー、置数、計算命令等をクリアします。

(2) ボタンの機能

1) シャープ式の場合

  

1. クリアオール [CA]

[GT]メモリー、[M]メモリーの値を含めて電卓内をすべてクリア(ご破算)します。

2. クリアエントリー [CE]

置数直後や、メモリーの内容を呼び出した時などに押せば、置数がクリアされます。
また、置数時のエラーや、計算結果の整数部がパネル表示桁を超えた時のエラーを解除する時にも使用します。
エラーの解除について詳しくは >>電卓の基本仕様、オーバーフローについて を参照して下さい。

3. クリア [C]

電卓内部の数値や計算命令をクリアする時に押します。

2) カシオ式の場合

  

1. クリアオール [CA]

[GT]メモリー、[M]メモリーの値を含めて電卓内をすべてクリア(ご破算)します。

2. クリア [C]

置数直後や、メモリーの内容を呼び出した時などに押せば、置数がクリアされます。
また、置数時のエラーや、計算結果の整数部がパネル表示桁を超えた時のエラーを解除する時にも使用します。
エラーの解除について詳しくは >>電卓の基本仕様、オーバーフローについて を参照して下さい。

3. オールクリア [AC]

電卓内部の数値や計算命令をクリアする時に押します。
(カシオ式の場合はACで”GTメモリー”の値もクリアされます。)


[<<目次へ]