[<<目次へ]

計算式の表記について

表記方法はシャープ・カシオより市販されているプリンタ電卓の仕様に準拠しています。

検算を示すシンボル(記号)
記号 説明 印字例

前回完了した計算式と、今回の計算式を比較し、純粋な計算式(メモリー情報などの参考情報を含めない式(・・が右に表示される行を除いた式))の同じ行で同じ計算を行った場合に”同”マークが表示されます。計算結果を含めたすべての行に”同”が表示されれば、前回と同じ計算という事になります。

前回完了した計算式とは、[=][%][M+][M-]により計算を正常に終了させた式です。計算途中で[CA][C]などのクリアキーで中断した場合には完了と見なされません。中断した式は検算の対象とならず、その前に正常に終了した計算式が検算の比較対象のままとなります。

この検算機能は、検算フォームのツールバー>設定>検算機能をON によりON/OFFの切り替えが可能です。OFFの場合にはチェックを行いませんので、仮に前回と同じ計算であっても”同”は表示されません。

 

123 +  同
456 +  同
789 =  同
1,368 *+ 同

 

トータル(計算結果)を示すシンボル(記号)
記号 説明 印字例

[=]キーによるトータル(計算結果)を示します。

= 
123 * 

*+

グランドトータル機能がONの時、トータル記号に+が付加されます。
+はグランドトータルメモリーへの加算を意味します。

= 
123 *+

M+

[M+]キーによるトータル(計算結果)を示します。

計算結果は独立メモリーへ加算されます。
+は独立メモリーへの加算を意味します。

= 
123 M+

M-

[M-]キーによるトータル(計算結果)を示します。

計算結果は独立メモリーから減算されます。
+は独立メモリーへの減算を意味します。

= 
123 M-

 

メモリーの操作(呼出・消去)を示すシンボル(記号)
記号 説明 印字例

メモリーの呼び出しを示します。

   

メモリーのクリアを示します。

 
◇*

[GT]キーにるグランドトータルメモリーの値の呼出を示します。

  123 ◇*
◆*

グランドトータルメモリーのクリアを示します。

[GT]キーを2度続けて押すとグランドトータルメモリーはクリアされます。

  ◆*
◇M

[MR]キーにるグランドトータルメモリーの値の呼出を示します。

123 ◇M
◆M

[MC]キーによる、メモリークリアを示します。

   ◆M

 

クリアーキーの操作を示すシンボル(記号)
記号 説明 印字例
CA

[CA]キーによる、メモリーを含めた全てのクリアです。

CA

AC

カシオ式選択時のクリアーキー[AC]の操作を示します。

AC

シャープ式選択時のクリアキー[C]の操作を示します。

 

その他
記号 説明 印字例
EF

計算結果のオーバーフローを示します。

EF

フォームの[クリア]ボタンによる履歴のクリアで、計算式の途中でクリアされた場合、式の途中でクリアされた事を示す”〜”が挿入されます。

〜 
123 + 
456 − 

・・・

@[税込]・[税抜]キーによる計算の表示です。
1行目:税の基準値
2行目:税額です。先頭に・・・・が付加されています。
     (税抜時の税額は末尾に−が付加されます。)
3行目:税込額、又は税抜額です。

Aカシオ式選択時、a[×]b[%][+] 、又はa[×]b[%][−]の操作をした時の表示です。

一般的にマークアップ、マークダウンと呼ばれる計算です。
a[×]b[%][+] の操作で、a+a×b% 、つまりaのb%増しが計算されます。
a[×]b[%][-] の操作で、a−a×b% 、つまりaのb%引きが計算されます。

1行目:基準値(原価)
2行目:割り増し値、又は割引値。先頭に・・・・が付加されます。
     (割引値の場合は末尾に−が付加されます。)
3行目:割り増し後の額、又は割引後の額です。

1000
・・・50
1050

[√]キーによるルート計算の値です。
1行目:根号です。
2行目:平方根です。

 
SC+

計算の途中結果(小計)、またはトータル値(計算結果)がマイナス値だった場合に、[+/-]キー(サインチェンジキー)を押し、プラス値に変換した事を示します。

左に表示される数値はサインチェンジの対象とした値です。

 
SC-

計算の途中結果(小計)、またはトータル値(計算結果)がプラス値だった場合に、[+/-]キー(サインチェンジキー)を押し、マイナス値に変換した事を示します。

左に表示される数値はサインチェンジの対象とした値です。

 
>>

設定の変更情報等を示します。

 

>> K:+123
>> DIGIT:8

・・

メモリー呼出・消去、税率計算、ルート計算、サインチェンジ、の操作時に表示する情報を示します。計算式への直接の関係よりも、参考情報としての性質が大きい為、通常の数値の表示より二桁左にシフトして表示させています。

 

123 +   
2,000 ◇* ‥
2,000 +   
On

Zimoの起動を示します。

(検算フォームには表示されません。記載はログ表示フォームにて確認できます。)

On

123 + 
12 + 

 

 

 


[<<目次へ]