[<<目次へ]

検算フォーム

(3) 計算式の表記について

(1) フォーム []

入力した計算式や、変更した設定を 最大999行 まで表示します。(999以上の履歴は ログ表示フォーム にて確認出来ます。)

1) 操作

1. メインフォームから

2. 検算フォームから

(2)機能 []

1) メニューバー

1. ファイル

(a) 閉じる

フォームを閉じます。

2. 設定

(a) 文字の大きさ

文字の大きさを変更します。

(b) マウス スクロールの行数

マウスホイールでスクロールする行数を設定します。

(c) 検算機能

検算機能をオンにすると、前回完了した計算式と比較をし、入力式が同じ場合に”同”が表示されます。
前回計算式の1行ごとに比較をしますので、各行にすべて”同”が表示されれば前回計算と完全一致の「ご名算」となります。
検算機能をオンにしない場合、前回計算式との比較は行いません。

(d) 日付と時刻を挿入する

計算式の最後に自動で日付と時刻を挿入します。

(e) 2色表示

減算の対象となる値を赤色で表示します。

2) 右クリックメニュー

1. ピン留め(スクロールを固定する)

表示中の検算式を固定します。フォームにて表示中の一番上の行でピン留めし、その時保持のみ表示するようにします。
ピン留め中は、左上にピン留めマークが表示されます。
ピン留め以降の計算やボタン操作は、フォームの表示外で記録されていきます。表示外での記録がある場合、ステータスバーに[更新]と表示されます。
ピン留めを解除した時に、表示外で記録していた検算式を表示に追加します。

ピン留めの解除

左上に表示されるピン留めマークをダブルクリック、又はフォームの右クリックメニューからピン留めを解除してください。

2. ポップアップ

マウスカーソルが有る位置、又はフォーカス取得中の行、の計算式をポップアップ表示します。
選択位置の行が空白の場合、それより上部に有る計算式をポップアップ表示します。

ポップアップフォームについて詳しくは >>ポップアップフォーム をご覧ください。

3) ボタン

1. F4: ログ表示

ログ表示フォーム を表示します。

2. E: クリア

表示している計算式をクリアします。
(メインフォームから 【Shift】+【Del】キーで直接操作する事も可能です。)

3. F8: 閉じる

フォームを閉じます。

(3) 式の表記について []

式の表記については >>計算式の表記について をご覧ください。

 


[<<目次へ]